キャンプ、オンライン英会話、子どもの習い事など、家族で過ごす日々を楽しむために調べた情報をまとめています。

umetopi

キャンプ場

川湯温泉近くのキャンプ場 川湯野営場木魂の里(2日目3日目)

更新日:

川湯温泉




 

川湯野営場木魂の里でのキャンプ2日目は周辺の観光をしました。
川湯野営場木魂の里キャンプ場は、近くには温泉が3つもあり、熊野本宮大社へ車で10分で行るという観光に抜群の立地です。

温泉3か所とも・・・と行きたいところでしたが(大人だけなら実行していたかも)観光にも行きたいので、湯の峰温泉と熊野本宮大社へ行きました。

川湯野営場木魂の里キャンプ場近くの観光スポット

ca_kawayu20

キャンプ2日目、5月の夜はかなり寒かったです。
「春の暖かさ」を想定して行きましたが、冬用のパジャマと毛布が欲しかったくらい。持参した服を着込んでなんとか寒さをしのぎました。

朝食を食べて、今日はキャンプ場周辺の観光へ。

熊野本宮大社

ca_kawayu31

まず熊野本宮大社へ。キャンプ場から車で10分程の場所にあります。駐車場は無料でした。

熊野本宮大社は熊野速玉大社、熊野那智大社と合わせて熊野三山と呼ばれます。2004年にユネスコの世界遺産に登録された熊野古道はこの熊野三山へ参拝するための道です。平安時代の末には浄土への入口とされ、今はよみがえりの地として多くの方が参拝されています。主祭神はスサノオノミコト。

この日はGW中だったためか人が多く、10時ごろ行くと観光バスがたくさん停まり、すでに賑わっていました。

ca_kawayu33

少~しだけ熊野古道も歩きました。

神社の中は、優しい気持ちになれるようなあたたかい雰囲気です。熊野三山の導きの神鳥として信仰される八咫烏(やたがらす)は、神社のいたるところに描かれ、お守りもたくさんありました。

道の駅 「奥熊野古道ほんぐう」

お昼ご飯は名物「めはりずし」を食べたかったので、道の駅 「奥熊野古道ほんぐう」へ行きました。熊野本宮大社から10分程のところにあります。

ca_kawayu40

道の駅では地元の名産品や食品、氷などが売られており、レストランもあります。売られているお弁当をイートインできるので、めはりずしと共に熊野牛弁当も購入しました。

ca_kawayu43

めはりずし390円。(写真は一口かじってます)塩気の効いた高菜がとっても美味しかったです。「めはり」なだけあって大きかった!お味噌汁が付いてました。

ca_kawayu41

熊野牛弁当。お肉がやわらかく、他のおかずも手作りの優しい味でとっても美味しかったです。

スポンサーリンク

川湯温泉

キャンプ場から歩いて10分(車なら5分もかからない)ほどのところに川湯温泉があります。
川湯温泉は、河原を掘れば温泉がでることで有名な場所です。河原で温泉に入れる「仙人風呂」は12月~2月のみなので、入りたかったら自分で掘るか誰かが掘ったところに入ることになります。公衆浴場もあり、大人(中学生以上)250円、小人130円です。

ca_kawayu60

水着で楽しんでいる方がたくさんおられました。川で遊んで寒くなったらあたたかい温泉にそのまま入る、という感じ。
でも5月はまだ風がつめたく、川の水も冷たいので夏に入りたいなぁということで、私たちは足だけつけて楽しみました。

ca_kawayu62

川の水と混ぜてちょうどの熱さです。

湯の峰温泉

川湯温泉の近くには、他に渡瀬温泉(わたらせ温泉)、湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)があります。キャンプ場から車で20分ほどのところにある湯の峰温泉に行きました。

ca_kawayu65

湯の峰温泉は、日本最古の湯とされ、昔から熊野詣での途中で旅の疲れを癒す場所でした。
温泉街らしい素敵な雰囲気の場所で、街中硫黄の香りがします。参詣道の一部として世界遺産に登録されている「つぼ湯」は日に7回も色が変わるといわれています。2時間待ち(3時間だったかも)ということであっさり諦め、公衆浴場に入りました。大人(中学生以上)250円、小人130円です。

ca_kawayu66

湯船は1つ、蛇口は5つくらいだったかな(うろ覚え。。)シャワーはありません。昔ながらの温泉、という感じ(^^
シャンプーなど何もないので持参必須です。お湯はさらさらで無色、熱め。硫黄の香りがします(娘は「ゆでたまごのにおい!」と言っていました。)体の芯まであたたまりました!

 

夕食はダッチオーブンで無水カレー

ca_kawayu76

ダッチオーブンで玉ねぎを炒めて、豚バラ、人参、トマト、バターなど入れて弱火で45分。ルーを入れて15分。水を入れない無水カレーの出来上がりです。

ca_kawayu77

鍋でご飯も炊いて、カレーの完成。新玉ねぎだからか甘く、中辛カレーを使いましたが子どもたちにもちょうど良い辛さでした。

スポンサーリンク

 

まとめ

キャンプ3日目は朝からテントを畳んで11時ごろ帰りました。12時チェックアウトなのでゆっくりと片付けができるのも川湯野営場木魂の里の魅力です。

川湯野営場木魂の里は、周辺に観光する場所がたくさんあり、広くて静かでとても快適な場所でした。

行かれる際はぜひ観光と温泉を楽しんでください(^^

 

-キャンプ場
-,

Copyright© umetopi , 2020 All Rights Reserved.