キャンプ、オンライン英会話、子どもの習い事など、家族で過ごす日々を楽しむために調べた情報をまとめています。

umetopi

キャンプ場

白の平オートキャンプ場【奈良県】。綺麗な川に飛び込んで遊べます!

更新日:

白の平オートキャンプ場は、奈良県吉野郡天川村にあります。8月下旬に家族で2泊してきました。

自宅では35度の暑い日でしたが天川村洞川に着くととても涼しく、テントを設営していても全く汗をかかないくらいでした。
詳しくご紹介します。

スポンサーリンク


白の平オートキャンプ場はテントサイト回りに木陰が多い

白の平オートキャンプ場は、木陰が多く過ごしやすいキャンプ場です。
テントサイトによっては、写真のようにテントサイト前に木があるのでタープをひっかけて使えます。

タープ用のポールを立てなくていいし、ひもをひっかければ水着が干せるので便利でした。

 

キャンプ場すぐ横の洞川で川遊びできる


テント設営後、キャンプ場の目の前を流れる洞川へ川遊びに行きました。

夏なのに水が氷のように冷たかったです。透明な水でとてもきれいです。川の流れが緩やかなので、浮き輪でも遊べます。

キャンプ場から2分ほど川を下ると、飛び込みできる場所もあります!
ただこの日は水が冷たすぎて、見てる限りでは男性1人しか飛び込んでいませんでした(^^;

水が冷たくても川はキャンプ場に来た方々でにぎわい、皆さんおおいに水遊びを楽しんでいました。

 

名水で作った豆腐がもらえる

キャンプ場近くには、日本名水百選のひとつに指定されている湧き水「ごろごろ水」があります。
白の平キャンプ場では、その水から作られた豆腐をいただけます。夕方ごろオーナーが「豆腐を取りに来てください~」と声をかけてくださいました。

少し固めの絹豆腐で、醤油も地元産のものでした。とっても美味しかったです!

 

鯛の塩釜焼に挑戦!

夕飯はダッチオーブンで鯛の塩釜焼に挑戦しました。

材料


・鯛 2尾(うろこと内蔵は取り除く)
・塩 2kg
・卵白 3個分
・ハーブ お好みで
・にんにく 2片
・オリーブオイル 適量
・レモン 1個

・半紙 2、3枚
・アルミホイル

作り方


塩2kgに卵白3個、ハーブを混ぜます。
鯛にハーブ、薄切りにしたにんにくを詰めて半紙でつつみます。
※半紙に包むことで余計な水分が吸収され、べちゃべちゃになりません。

ダッチオーブンに網をセットし、アルミホイルをしきます。塩を半分入れて平らにし、鯛をのせ更に塩でくるみます。

蓋をして1時間中火で焼きます。

上にも火をのせます。

できましたー!写真は鍋ごとひっくり返したところです。
塩を割って魚をとりだし、レモンとオリーブオイルをかけていただきます。

暗くて分かりにくいですが、失敗しました。。

失敗の原因は、上からの火が足りず塩が固まらなかったこと、暗くてしっかり塩をはらえず食べ始めたので塩辛かったこと、オリーブオイルがたりなかったこと・・・。これだけ敗因があれば大失敗ですね(+_+)

塩釜焼と同時にバーベキューもしていたので、食べるものがない!とはならず助かりました。。

スポンサーリンク

夜も涼しく、ぐっすり眠れた

白の平オートキャンプ場付近は夜が涼しかったことと、今回のキャンプで初めて使ったエアマットが快適だったので、ぐっすり眠れました。

翌日、11時チェックアウトなので、朝食後撤収しました。

撤収後再び川遊びしようかと思っていたら突然の土砂降り!
どこへも遊びに寄れませんでしたが、雨が降る前にキャンプ場を撤収できてよかったです(^^;

 

白の平オートキャンプ場 情報

住所:〒638-0431 奈良県吉野郡天川村洞川371-2
問い合わせ:090-1587-2564(0747-64-0753)
チェックイン:13時~
チェックアウト:11時
開設期間:4月中旬~11月中旬
料金:入場料 大人400円、小人200円/
オートキャンプ 3,500円~4,500円(駐車場代込み)/デイキャンプ 入場料+駐車代/
駐車場 500円
ゴミ:指定ごみ袋(有料)で分別して捨てる
公式サイト:http://www5.kcn.ne.jp/~ken-2813/


管理棟には自動販売機が設置されています。アイスも販売されていました。


炊事場です。洗剤がありました。


炊事場横には洗面台が2台あり、顔を洗ったり歯を磨くのに便利でした。


トイレです。女子トイレは3つあり、そのうちの1つがとっても綺麗でした!他のトイレが空いているのに並んでいる時もありました。

スポンサーリンク

まとめ

白の平オートキャンプ場は涼しく、夏のキャンプも快適なのでまさに避暑地でした!夏中ここで過ごしたいです。

キャンプ場のオーナーは、虫が多く出ると「あと1時間くらいでこの虫は出なくなるよ」など教えて回ってくださったり、とても親切でした。
キャンプ場自体はそれほど大きくなく、車を挟んで他のキャンパーがいますが、皆さんマナーを守っておられ騒々しくなく快適に過ごせました。

人気のキャンプ場なので、早め(3か月前)の予約がおすすめです。

↓キャンプ場近くの観光場所を紹介しています。

-キャンプ場
-

Copyright© umetopi , 2020 All Rights Reserved.