キャンプ、オンライン英会話、子どもの習い事など、家族で過ごす日々を楽しむために調べた情報をまとめています。

umetopi

子ども・大人の勉強

「教養366」で楽しく学ぶ。小学生娘の感想と共に紹介

投稿日:

教養 366

小学生娘の語彙力を向上させたい目的で、齋藤孝先生の本「小学生なら知っておきたい 教養366」を購入しました。

語彙力向上のために読んだ本は、下記記事でも紹介しています。

Amazonのレビューが良かったので購入したのですが、実際に読んでみるとほんとうにいい本!と思ったので紹介します。

 

1日1ページ読み進めることで知識を得る

小学生 語彙

「小学生なら知っておきたい 教養366」は、1ページ事に話題が区切られています。毎日1ページ読むことを目標に、1週間で1つのテーマが終えられるようになっています。

1ページ2分ほどで読み終えられるから「勉強」という感じがせず、無理なく継続できます。

知らないことがたくさん書かれていて面白い!本はそんなに好きじゃないけど、1ページが短いから嫌じゃないよ。

 

クイズがある

小学生 国語

ほとんどのページにはクイズがあります。
クイズがあることで、だらだら読むのではなく「考える」時間ができます。

ume
考える時間を持てるから、内容が身に付きやすいのかなと感じました。

また一度読んだページもクイズだけ読みなおすことで内容を思い返すことができ、覚えられます。

 

世界のふしぎやおもしろい地形など興味惹かれる内容も

タイトルの「教養」という言葉を見ると、慣用句や歴史など難しい内容なのかなと感じますね。もちろん慣用句なども紹介されていますが、有名な映画監督や世界のこわい話、レジェンドな漫画家など、興味深い内容も多く掲載されています。

ume
昔のことだけでなく、最近のことも書かれていて大人も学べます。

 

まとめ

「小学生なら知っておきたい 教養366」は楽しく学べる本でした。
小学生の娘が何を知らないのかもよく分からなかったので、親子で緒に読み、その時のテーマについて話せたのが良かったです。

本の内容は大人も楽しめます。
「名前は知っているけど、どんな人かよく知らない」方についての知識を得られたり、そこから興味が出て本を読んだりすることができました。

読み終わった後もクイズで楽しめるので、長く楽しめる本です。

お母さんと毎日少しずつ読んでるよ。気になることは調べたり、そこまで興味ないことはこの本を読んで終わったりしてる。分かりやすくて面白いよ。

 

 

 

-子ども・大人の勉強
-

Copyright© umetopi , 2021 All Rights Reserved.