キャンプ、オンライン英会話、子どもの習い事など、家族で過ごす日々を楽しむために調べた情報をまとめています。

umetopi

地震対策 家電・AV機器

災害用に持っておきたい、モバイルバッテリー。Anker PowerCore 10000

投稿日:

Anker PowerCore 10000

外出時、災害用にモバイルバッテリーを購入しました。

購入したのは、Anker PowerCore 10000。コンパクトサイズで180gと軽い製品です。

実は、Anker PowerCore Essential 20000も購入したのですが、重さが343gと倍ほどの重さで、女性の私が1日持ち歩くには負担に感じる重さでした。災害時も普段から持ち歩いていればより役立つと思うので、小型で軽い方が邪魔にならず携帯しやすいAnker PowerCore 10000がおすすめです。

アンカー

小さくて軽いAnker PowerCore 10000。いつも鞄に入れておけるサイズ。

 

Anker PowerCore 10000と、Anker PowerCore Essential 20000の比較

災害用 充電器

せっかく購入したので、両者を比較してみます。写真左がAnker PowerCore 10000、右がAnker PowerCore Essential 20000です。

Anker PowerCore 10000Anker PowerCore Essential 20000
重さ約180g約343g
サイズ約92 x 60 x 22mm約158 x 74 x 19mm
出力5V=2.4A5V=3A (各ポート最大2.4A)
入力5V=2A5V=2A
充電回数iPhone 11 / 11 Proに約2回、iPhone XS / Xに約3回、Galaxy S10に2回以上iPhone11 / 11 Proを4回以上、Galaxy S10を約4回

※Anker製品のモバイルバッテリーは、PSEマークの取得に必要な技術基準に適合しています。

持ち運び 充電器

Anker PowerCore Essential 20000は、2つのUSB出力ポート搭載で、2台同時に充電できます。 (合計最大出力15W)

 

単三電池の充電器を持ち歩いていたが

Ankerのモバイルバッテリーを購入するまでは、単三電池4本入れるタイプの充電器を使っていました。でも充電が遅すぎる、なぜか20%以上充電できないなど不満な点がありました。

親子で持つように3つ購入していましたが、3つとも同じ現象でした。。

はじめてAnkerのモバイルバッテリーを使った時は、充電の速さときちん100%まで充電できることに感激!大きさも、手のひらサイズで負担になりにくいです。

 

まとめ

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは、普段使いにも、万が一のためにも持っておくと安心です。
普段から持ち歩ける、軽くて小さくパワーがある「Anker PowerCore 10000」をおすすめします。

 

 

-地震対策, 家電・AV機器
-,

Copyright© umetopi , 2022 All Rights Reserved.