キャンプ、オンライン英会話、子どもの習い事など、家族で過ごす日々を楽しむために調べた情報をまとめています。

umetopi

家のこと

壁紙シートがはがれてくる!3つのポイントを抑えてキレイに長持ちさせる

更新日:

壁紙を貼ってキズを隠しきれいにしよう!と思い立ち、キッチン横に壁紙を貼りました。

1日ではがれてきました。ええーーー!なぜ・・・。




壁紙がうまく貼れなかった3つの原因

1、きれいに壁を拭いていない

横着して壁面汚れをきれいに拭きとっていなかったので、丁寧に拭きなおしました。はじめからきちんとすれば良かったです。
水拭きの後にアルコールシートで拭きました!これで油汚れも取れました。

2、壁紙シートの粘着力が弱い

壁紙自体にのりが付いているタイプでしたが、接着面がつるつるだったので粘着力が足りなかったようです。壁紙の下に強力な両面テープを貼ることにしました。

使ったのはニトムズの幅5cmの両面テープです。この両面テープは強力で、1年経った今もはがれてきません。
アマゾンでは、ニトムズの幅1.5cm両面テープしか販売されていませんでした。

※賃貸の物件でお使いの場合は、マスキングテープをはじめに貼り、その上に両面テープ、その上に壁紙を貼ると後できれいにはがせます。

3、密着せず、空気が入っている

きちんと貼り付けられていなかったため、どんどん空気が入り込んではがれてしまいました。しっかり空気抜きすることが大切です。

スポンサーリンク

どうして壁紙を貼ろうと思ったのか

どうして壁紙を貼ろうと思ったのかというと、インテリアをお洒落にして気持ちいいキッチンにしたい!という思いもあったのですが、一番はキズ隠しのためです。

アップにするとひどいキズです。。今の家に住んで6年、毎日の掃除でぶつけてしまい、だんだんひどいキズになってしまいました

毎回ガツッとぶつけてしまうの図。

きれいに掃除してから、さっそく壁紙の貼り付け

壁紙リメイクに使った道具

壁紙リメイクに使った道具は、壁紙シート、カッター、へら、両面テープの4点です。

※私は家にあったへらで壁紙を圧着させました。壁紙シートがビニール製であったので問題ありませんでしたが、紙製の場合は傷つけるので、↓のローラーを使うことをおすすめします。

 

貼り付ける部分の凹凸を失くし、平らにする

まず、キズがある場合は凹凸をなくすためにカッターやすりで削ります。削りすぎないよう慎重に作業します。
カットした後は貼り付け面をきれいにふき取り、ゴミや油が付いていない状態にします。(この作業は賃貸ではできませんね。。)

両面テープを貼り付ける


端からめくれやすいので、囲うように両面テープを貼りました。


壁紙シートを連結して使う場合は、連結部にも両面テープを貼ります。
つまり、壁紙シートの周囲が両面テープに張り付くようにします。


両面テープを張るときも空気が入りやすいので、へらやローラーを一定方向へスライドさせ、空気を抜きながら貼り付けます。

スポンサーリンク

壁紙シートを貼る


シートを貼り付けるサイズより少し大きめに切り、角を合わせて貼り付けます。


内から外へ向かってヘラやローラーで空気を抜きながら貼っていきます。


貼れました!


残り部分も貼っていきます。


連結部もきれいに貼れました!!・・・と思ったら・・・


模様を合わせるのを忘れていました!矢印部がずれてしまいました。。
模様がある壁紙シートを使う場合、気を付けてくださいね。


壁紙シートが余った部分は、ヘラで抑えながらカッターで切ります。床を傷つけないように気を付けてください。


完成です!!1時間ほどで完成しました。

スポンサーリンク

 

まとめ

壁紙シートを貼り、きれいにキズが見えなくなりました!気になっていたのでうれしいです。

壁紙シートは値段がそれほど高くなく、簡単に貼れます。ずれてしまっても、貼りなおせるのがDIY初心者にうれしいところです。きれいになると気分がいいですね(^^

補足:貼り付けから1年経った今も、はがれていません。

-家のこと
-, ,

Copyright© umetopi , 2020 All Rights Reserved.